神戸華僑歴史博物館とは

神戸華僑歴史博物館のウェブサイトへようこそ

 神戸港の開港(1868年)とともに居留地には欧米人が商館を開きました。彼等とともに長崎や上海、香港などから神戸にやってきた華僑も、居留地の周辺に貿易商館を構え、中国人街を形成していきました。それがいまの南京町です。
 華僑は、国際貿易港として必要な機能を、上海や香港で培った経験をもとに、神戸でも展開していきました。理髪店、飲食店、洋服仕立て業、洋家具製造などのほか、船会社の代理店、為替仲買業など貿易実務の担い手でもありました。実は、国際貿易都市・神戸の発展に大きな役割を果したのは華僑だったのです。
 この博物館は、神戸華僑の生活と活動について、美術品から生活用具まで貴重な文物、文献、資料を展示しています。中国人と日本人との交流の足跡をたどり、一般にあまり知られていない華僑の世界を垣間見ることができます。
 神戸華僑歴史博物館は、1979年10月、神戸中華総商会ビル(KCCビル)が落成したときと同時に開館しました。神戸の華僑が自ら運営にあたる、世界的にも珍しい博物館です。


歡迎來到神戶華僑歷史博物館的網站

   隨著神戶的開港(1868年),歐美人在居留地開設了商社。與他們到來的同時,中國人也從長崎、上海、香港等地來到了神戶,在居留地周圍開設了商社竝形成了中國人的街區。這就是現在的南京町。
   華僑以他們在上海、香港培養起來的經驗爲基礎,在神戶將國際貿易港口所必須的機能擴展開來了。他們除了從事理髪、飲食、洋服裁縫、西洋傢具製造等行業以外,也是輪船公司代理商、買辦等行業的實際擔當者。華僑在國際貿易都市・神戶的發展中,發揮了很大的作用。
   這座博物館展覽了神戶華僑生活的美術品、生活用品、以及貴重的文物、文獻、資料。人們可以在這裡看到中日人士交流的足跡和一般鮮爲人知的華僑世界。
   神戶華僑歷史博物館於1979年10月,在神戶中華總商會大樓(KCC大樓)落成時同時開館。作爲神戶華僑自己經營的博物館,它在世界上也是很珍貴的。


Welcome to Kobe Overseas Chinese History Museum website.

  Along with opening of Kobe Port in 1868, Americans and Europeans established communication institution (trading companies) in the foreign settlement. Chinese from Nagasaki, Shanghai, and Hong Kong came to Kobe at about the same time, and set up trading companies in the vicinity of the foreign settlement. This was an area which later became “Nankinmachi”: Kobe’s Chinatown.
  Chinese merchants (overseas Chinese, or “kakyo” in Japanese) who had sufficient experience in foreign trade in Shanghai and Hong Kong played an active role in the development of international trade in Kobe. They worked as barbers, cooks, tailors, furniture craftsmen, shipping agents, and foreign exchange brokers. Therefore, Chinese actually helped in various jobs necessary for the formation of Kobe, an International trade city.
  Kobe Overseas Chinese History Museum teaches about historical heritage and displays materials related to the daily life and business activities of Chinese in Kobe. The active interaction of Chinese and Japanese has been spotlighted, thus revealing the veiled aspect of Kobe’s overseas Chinese.
  This museum was opened simultaneously when Kobe Chinese Chamber of Commerce Building (KCC Bldg.) was constructed in October 1979. It is a unique museum for overseas Chinese, not found elsewhere in the world, operated solely by overseas Chinese.


新着情報

開館時間変更のお知らせ
2020年4月7日(火)から5月6日(水)まで、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の開館時間に変更いたします。
開館日  火・水・木・金・土曜日(祝祭日を除く
開館時間 火曜日:13:00~17:00(最終入館 16:30)
     水・木・金曜日:10:00~17:00(最終入館 16:30)
     土曜日:13:00~17:00(最終入館 16:30)
休館日  日・月曜日、祝祭日、年末年始
近現代考古学研究会 第4回例会「近現代の華僑史」の開催延期のお知らせ
2020年3月14日に開催を予定していましたが、諸般の事情により延期いたします。
開催日時が決まり次第、本サイトにてお知らせいたします。
2020年4月1日(水)
『神戸華僑歴史博物館通信』No.33 を発行しました(ISSN:2433-3816)。当館にお越しでご希望の方に、無料で差し上げます(在庫がなくなり次第、終了いたします)。また、当館発展基金会員の方には送付いたします。
2019年3月28日(木)
神阪京華僑口述記録研究会編『聞き書き・関西華僑のライフヒストリー』第9号 を発刊しました(ISSN:1883-3810)。当館受付にて1冊 1,000円(送料別)で販売しています
■主な目次
①聞き書き・関西華僑のライフヒストリー
 林聖福さん、曹英生さん、湛澤綸さん
②平野勲「オーラルヒストリーが語る関西華僑の生業とその背景――呉服行商と三把刀(戦前編)」
③華僑関係参考書籍リスト

また、バックナンバーの第1~5号(各1,000円・送料別)、第6~7号(各1,200円・送料別)、第8号(1,000円・送料別)も販売しています。御希望の方は、博物館までお問い合わせください。

なお、送付した方に御連絡いたします。同封の書簡「謹呈『聞き書き・関西華僑のライフヒストリー』第9号」において、当館の郵便番号が誤っていました。お詫びするとともに、下記のように訂正いたします。
  記
誤)〒650-0004
正)〒650-0024